top of page
  • 執筆者の写真LibertyTours Hoteiya

ハリポタスタジオツアー行ってみた!⑤~ホグワーツ特急からSFXまで~


カフェと野外エリアを通り越え…ついにやってきましたホグワーツ特急

キングスクロス駅を模したエリアにホグワーツ特急が展示されているのですが、休憩をはさんだ後に見ると、「うわああああああまだまだこれからが本番よ!!」という気持ちになりました。入学前のワクワク感、是非とも味わっていただきたい!


余談ですが:ハリー・ポッターと呪いの子では、社内販売のおばちゃんの秘密が暴かれます。

「え!?そんなキャラだったんですか!?」と思われる方も多いでしょう…是非、台本、もしくは舞台をご覧ください。



ちなみにこのホグワーツ特急ですが、外から見るだけでなく、中に入ることが可能です!

映画のシーンが再現されており、アズカバンの囚人でのディメンターの襲撃なども一緒に体験することができます。上の画像はハリー達の車両です。


個人的なこだわりでは、このシーンのルーピン先生はマントの下で寝ていた為それの再現も見たかったなぁと思っていたのですが

「それじゃあ展示が面白くないでしょ」と一緒にツアーに参加していた友人に言われてしまいました。そうですよね…。


キングスクロス駅のエリアでは、レイルウェイショップが存在し、そこでしか買えないグッズなども存在するので要チェックです!また、9と4分の3番線での荷物をもって柱に向かって走るのを再現することも可能!是非とも現場でやってくださいね♪


同エリアでは、ファンタスティック・ビースト内の列車も再現されております。

こちらは皆大好きパン屋さんのジェイコブさんです🍞❤


キングスクロス駅を超えると魔法省エリアに入ります。

こちらのブースでは、魔法省の出勤体験ができます!(システムメンテナンスで動画が作成できませんでしたが、自分の携帯などで撮ることは可能でした)また、動画を撮るためには並ぶ必要がございますが、動画とは反対側のエリアでは、写真用の暖炉もございました。



魔法省のエリアを堪能した後には、キャラクターデザインや3D模型、アニマトロ二クスや映画のCGの仕組みのエリアに入っていきます。メイン案内人はニュート・スキャマンダ―役のエディ・レッドメインです。とても分かりやすく説明してくれるので是非動画もご堪能ください。(上記の画像は、ハリー・ポッターと炎のゴブレットに出てくるマーピープルです。お風呂のシーンでのステンドグラスではあんなに綺麗だった人魚ですが、現実の人魚として描かれるマーピープルは怖すぎて映画を見た当初は涙がでた記憶があります。)



↑こちらはまだ毛が生え切っていない状態のニフラー…とってもキュートでした。

また、クリーチャー制作室エリアを通り越すと、箒エクスペリエンススタジオがございます。


こちらのスタジオでは、グリーンバックを背景に、指名手配犯の写真を撮ったり、実際に箒にまたがり、まるでハリー・ポッターの世界を飛んでいるかのような動画が取れます。

(こちらのエリアは撮影禁止区域なのでご注意ください。


正直言うと、撮影中はものすごく恥ずかしいです

ですが、本当に楽しく映画の撮影体験ができますし、いい思い出にもなりますのでお勧めです。


↑動画や写真は購入が必要です。

思い出の為にもそんなに高くなかったので購入はお薦めします。


ただし一つ注意点をいうとしたら、スリザリン生の皆さん!お気を付けください。グリーンバックはあなた方をまるで透明マントに包み込んだかのように消してしまうでしょう…。


また、このエリアを超えますとサウンドエフェクトスタジオがございます。

映画の中でどのように音声をつけているのかの解説があるエリアです。

とても学びにあるのでじっくりご堪能ください。


次回、最終回!みんな大好きなあのエリアに突入です!





閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page