top of page
  • 執筆者の写真LibertyTours Hoteiya

ジブリパーク「魔女の谷」開園前内覧会

「もののけの里」の2023年11月1日の開園に引き続き、「魔女の谷」が24年3月16日(土)に開園されるにあたり開園前内覧会がありましたので早速お知らせしたい思います!



この口から「魔女の谷」へ。なかなかインパクトのある入り口ですねー!『アーヤと魔女』に登場する魔女ベラ・ヤーガをイメージしたそうです。


このモザイクと流線が美しい3本の飾り柱の後ろで入場手続きです。



右手には施設内唯一のフルサービス型レストラン「空飛ぶオーブン」があります。レンガ作りが重厚な感じ。



店内もオシャレ😎黒のダクトが粋です。


今回は「魔女の谷のシェファーズパイ」をオーダー。


本場イギリスのシェファーズパイといえば、牛や羊のミートソースなどがマッシュポテトで覆われているイメージですがジブリパークのはこんがり上部が焼けたマッシュポテト添えの骨付きラムシチューという感じです。

ボリュームもあるのでお腹の空いている方にはピッタリかも。


同じく「魔女の谷」と冠のついたパンナコッタ

生クリームと牛乳のプリンですが...これは目玉ですね👁️ゲゲゲのお父さんかと思いました😅

小さい目玉と大きい目玉が足跡のようにならんでいます🐾

ピンクと黒の部分はゼリーでした。



食事の後は魔女の谷を散策。街並みはヨーロッパ調です。この写真の右の建物はお手洗いですが住めそうな勢いです😅


マンホールも可愛い🐌


『アーヤと魔女』の主人公アーヤが引き取られた魔女ベラ・ヤーガの家

中にはこの外観からは想像できない魔女のラボがありました。


そしてジブリの魔法使いといえばハウルでしょうか。ハウルの城を目指しましょう


この足を見ると今にも歩き出しそう。


と思っていたら上から金属の軋む音がしてビックリ‼️


カカシのカブも立ってました。

 

「魔女の宅配便」も魔法の世界でしたね。


キキちゃんが働いていたパン屋さんでパンを買いました。


メロンパン大きいです。

四角いのは「ういろうパン」ですって。

どんな味なんだろう🤔好奇心が止まりません。


「風立ちぬ」に登場した「シベリア」と「ういろうパン」は似ているのかな?

こし餡と粒餡があります。常滑牛乳のデザインがお茶目です。あんこに牛乳ってあいますよね?



バゲットとブールを買うとこんなかわいい取説付きです。


パンと言えば、ジブリの大倉庫にある「cafe大陸横断飛行」のパニーノやピザも美味しいです。


ポニョの旗がついているのは今月の味、イギリス🇬🇧のブレックファーストが一度に楽しめちゃうパニーノでした(ソーセージ、スクランブルエッグ、トマト、マッシュルーム、ビーンズ入り)



すっかり食べ物ブログと化していますので、オマケ👍


11月にオープンした「もののけの里」にある「タタラ場」では五平餅を自分で焼いて食べられるのですが今月のニューテイスト、カレー味に挑戦してみました。




こんがり焼いたカレー五平餅に粉チーズが香ばしく癖になります。今日みたいに寒い日には体の内側からポカポカになりました。


愛知県の観光地のメインになりつつあるジブリパーク。

時間が過ぎるのも忘れてしまい、気づいたらもう閉園という感じです。


チケットは公式サイトからのご自身でのご購入になりますが、ホテルやその他の観光もタイアップさせてリバティツアーズにお問い合わせください。


新しいホテルがどんどん建っていく名古屋。

是非遊びに来てくださいね!



閲覧数:192回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page