夏のスイス⑦

更新日:6月16日


こんにちは。

8月上旬に旅行に行ったスイス旅行の様子をお伝えしております。

7回目の今回は、氷河特急に乗車したところからをお送りいたします。

 

私たちの乗る氷河特急は、午後7時頃の出発でした。

案内板。

日本とは少し違うと、どことなくかっこよく見えます。

ホームに入ってきた、氷河特急。赤い車体がかっこいいですね。

乗車したのが午後7時という事もあり、列車内で夕食を食べることになっていました。

席に着くとレストランの様なテーブルセッティングがされていました。

サラダ、パン、メインディッシュが次々と運ばれてきます。

車窓からの景色を眺めながら食べるお料理、美味しかったです。

途中にある名所などを通過する際には、席にあるイヤホンから説明が流れ、

日本語でも聞く事ができます。

メインディッシュを食べ終わりしばらくすると、氷河特急の有名な見どころの一つである

ランドバッサー橋を通過します。

そろそろランドバッサー橋だと、待ち構えていたら夕陽がとても綺麗でした。

いよいよ、橋に差し掛かりました。

私たちの乗っていた車両は最後尾だったため、ずっと眺めていることが出来ました。

この橋は高さが65メートルあるそうです。真下を見るのは怖いですね。

因みに、この氷河特急は複数の鉄道会社で運営されています。

私たちの乗車した区間(クール~サンモリッツ)は、レーティッシュ鉄道という会社が運行して

おり、アルブラ線とベルニナ線とその周辺の地域は、世界遺産になっています。

※アルブラ線…トゥージス駅~サンモリッツ駅、ベルニナ線…サンモリッツ~ティラーノ

ランドバッサー橋を通過後は、デザートのケーキを食べているうちに、サンモリッツに到着。

約2時間の列車の旅を満喫し、ホテルへ向かったのでした。

氷河特急の座席。マークがかわいいですよね。

ここまでで、旅行の5日目が終了です。

グリンデルワルドではスフィンクス展望台から、アイガー・メンヒ・ユングフラウヨッホなど

シャモニーではブレヴァン展望台から、モンブランなど

ツェルマットではごルナグラート展望台から、マッターホルン