株式会社ほていや

リバティ・ツアーズ事業部

〒460-0021名古屋市中区平和二丁目2-17

tel:052-321-1013

fax:052-321-5117

LibertyTours of Hoteiya Co,Ltd.

2-2-17,Heiwa, Naka-ku,Nagoya,Aichi

Japan 470-0115

© 2019 by LibertyTours/Hoteiya Co,ltd.

クイックフォーム
簡単なお問い合わせにご利用ください
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • リバティ・ツアーズ スタッフ

夏のスイス⑤


こんにちは。

8月の上旬に夏休みを頂いて訪れた、スイス旅行の様子をお届けしているこのブログ、

早いもので、もう5回目となりました。

前回は、ツェルマットからゴルナグラード鉄道にのり、展望台を訪れたりハイキングをした様子を

お伝えいたしました。

今回は、ハイキングを終え、街中へ戻ってきて散策した時の様子をお届けしたいと思います。

マッターホルンを満喫した後、午後からは自由に街中を散策しました。

駅前には、馬車が待機していました。

街並みも素敵です。

マクドナルドも、街並みと合っていてお洒落です。

ネズミ返しの小屋という、昔ながらの建物のある路地がありました。

マッターホルンミュージアムの側には、マーモットの泉がありました。

本物のマーモットが、こんなにたくさん集まっていたら可愛いんだろうなぁ。

日本では、すっかり見かけなくなった電話ボックスもありました。

丸っこい形が可愛らしいですね。

チョコレートがたくさんショーウィンドウに置かれていました。

間もなくFolklore Festival というお祭りが開催される頃だったため、バーンホーフ通りは横断幕などが飾られていました。

翌日は、次なる場所へ移動する為、可能な限りツェルマットの街を散策しました。

夕方にはヤギがメインストリートを行進すると聞いていたのですが、のんびりしている内に

通り過ぎてしまったようで、見ることができませんでした...残念...

気を取り直して、散策を続行です。

ツェルマットに到着してすぐに訪れた公園を再訪し、マッターホルンの位置を再度確認。

今回は、その姿をだいぶ見ることが出来ました。

聖マウリシウス(Pfarrei St. Mauritiu)

この写真を撮ったのは午後8時半なのに、この明るさです。なんだか不思議な感覚です。

翌日は、次の目的地に移動してしまうため、マッターホルンの日の出を見るラストチャンス。

準備を整えて、しっかりと休みました。

<5日目>

この日の日の出も、朝6時20分ごろという事で、早起きし、出発する準備を整えて「日本人橋」へ

向かいました。

この日も、雲がかかっており、赤く染まるマッターホルンは見ることができませんでした。残念。

ツェルマット滞在2日間で、何度も何度も見たマッターホルンですが、最後と思うと名残惜しくなっ

て、写真を撮りすぎてしまいます。

駅前からも少し見えました。

何度もしつこくて、すみません。

駅の中にもいた、羊さんに見送られて私たちは、次の目的地へ向けて出発しました。

ここからは、また次回お伝えしようと思います。

<ここまでの行程>

前回までのおさらい

1日目 セントレア==<チャーター便>==バーゼル==<バス>==グリンデンワルド---宿泊

2日目 グリンデンワルド==<ヴェンゲンアルプ鉄道>==クライネシャイデック==<ユングフ

    ラウ鉄道>==ユングフラウヨッホ----スフィンクス展望台等を見学

   ユングフラウヨッホ==<ユングフラウ鉄道>==アイガーグレッチャー==

  <ハイキング>==クライネシャイデック==<ヴェンゲンアルプ鉄道>==グリンデルワルド

3日目 グリンデルワルド==<バス、レマン湖・シヨン城車窓見学>==シャモニー=モンブラ

    ン==<バス移動>==テーシュ==シャトル列車==ツェルマット

4日目 ツェルマット==<ゴルナグラード鉄道>==ゴルナグラート----展望台見学

    ゴルナグラート==<ゴルナグラード鉄道>==ローテンボーデン駅==<ハイキング>

    ==リュッフェルベルグ==<ゴルナグラード鉄道>==ツェルマット

今回(4日目の続き)

   ツェルマット散策---宿泊

5日目 ツェルマット==シャトル列車==テーシュ

☆ランキングに参加してます。下のボタンをクリックして応援いただけると嬉しいです☆

#海外旅行 #自然