株式会社ほていや

リバティ・ツアーズ事業部

〒460-0021名古屋市中区平和二丁目2-17

tel:052-321-1013

fax:052-321-5117

LibertyTours of Hoteiya Co,Ltd.

2-2-17,Heiwa, Naka-ku,Nagoya,Aichi

Japan 470-0115

© 2019 by LibertyTours/Hoteiya Co,ltd.

クイックフォーム
簡単なお問い合わせにご利用ください
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • リバティ・ツアーズ スタッフ

夏のスイス⑩


こんにちは。

8月上旬に訪れた、スイス旅行の様子をお届けしているこちらのブログ。

7泊9日間の旅で、あちこち観光に行っていたため、気が付けば10回目を迎えました。

今回はついに滞在最終日、8日目の模様をお伝えしたいと思います。

「夏のスイス」という題名ですが、帰国便はミラノから出発するため、最終日はミラノを

自由散策した様子です。

<8日目>

今日は、ついに帰国の飛行機に乗る日。飛行機は、午後10時40分の出発の為、

夕方までは自由行動。

最終日も最後の最後まで満喫すべく、朝からミラノの街へ出かけました。

ミラノといえば、やっぱりドゥオモ。

折角なので、屋上にあがりたい!ドゥオモ内も隅々まで見学したい!という事で、

行ってまいりました。

ホテルから、ドゥオモまでは地下鉄で約20分ほど。

スイスとはまた違った雰囲気に多少戸惑いつつも移動しました。

ドゥオモに到着したのは、10時頃。チケット売り場は長蛇の列が出来ていました。

自動券売機の操作に四苦八苦しながらも、どうにかエレベーターで屋上に行けるチケットを購入し、

入口へ向かいます。

エレベーターの入り口。

ちょうど工事中の為、一部が覆われていました。

屋上に到着!たくさんの彫刻がすぐ近くに見えます。

細かい装飾もあちこちにあります。

どうやって作られているのか?どれくらいの時間がかかっているのか?と、

疑問ばかり湧いてきます。凄いなぁ。

マリア像。

屋上も工事中の為、あまり近くまでいく事が出来ませんでした。

屋上をぐるりとめぐっていると、変わった形のビルを発見しました。

ヴェラスカの塔というビルだそうですが、東京ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」に

似ているなぁと思いました。

一通り、屋上を見学した後は、いよいよドゥオモ内へ向かいます。

中は、素敵なステンドグラスがたくさん。

広くて、荘厳な雰囲気でした。

熱心にお祈りしている方も多くいらっしゃったので、お邪魔しないように気を付けながら見学しました。

地下には、宝物庫や考古学エリアがあり、じっくりと時間をかけて見学しました。

見学を終えた後は、お昼ご飯を食べに行きます。

ビット―リオエマヌエーレ2世ガレリアを通り抜け

レオナルド・ダヴィンチ像を通り過ぎ、

スカラ座を見て、ゆっくりと歩き続ける事、約20分で目的のレストランに到着です。

ガイドブックを見て行ってみたくなったレストラン、グランディタリア(Grand'Italia)

地元のビジネスマンに人気という事らしく、庶民的な雰囲気でした。

8月の土曜日の昼間という事もあり、店内は落ち着い雰囲気。

店員さんも、優しく料理の説明をしてくれました。

サラダや、ピザ、ガイドブックに載っていたミラノ風カツレツを注文。

どれもボリュームたっぷりで、食べごたえがありました。

最後にデザートを食べ、お腹いっぱいになった後は、まち歩き再開です。

折角なので、行きとは少し違う道を通ります。

サンタマリア・デルカルミネ教会と、その前にあるオブジェ。

サン・ジュゼッペ教会

そして、再びレオナルド・ダヴィンチの像のある広場まで戻り、横切っていくと...

ふと道路の反対側を見ると、家の壁に人がくっついている!と思わずびっくりしてしまいました。

Casa degli Omenoniという建物で、1500年代の彫刻家の家だったそうです。

その家を過ぎると広場があり、アルナルド・ポモドーロという現代の彫刻家の作品がありました。

その後、再びドゥオモのある広場まで戻り、ドゥオーモ美術館を見学したりジェラートを食べたり

ドゥオーモ周辺をもう少し見て回って、地下鉄に乗りホテルに戻り、空港へ向けて出発。

楽しかった旅行も、あっという間に終わりです。

もうちょっといたかったなぁと思いつつ、チェックインをしてゲートに向かったのでした。

ミラノマルペンサ空港の搭乗ゲートの案内。

色々な国の言葉で書いてあると、分かりやすいですね。

その後、行きと同様に約12時間の飛行時間で、無事にセントレアに戻ってきたのでした。

<おまけ>

飛行機から見えた富士山。

凄く小さかったのですが、日本に帰ってきたんだなぁと安心しました。

たくさんお休みを頂いて、満喫してきた今回の旅行。

少しでも多くの方々に、一緒に行っ気分を味わって頂きたくて、なるべく詳細にご紹介させていただきました。

10回に渡る長編となってしまいましたが、お付き合い頂きありがとうございました。

天気にも恵まれ、訪れた展望台ではその山々をしっかりと見ることができました。

(添乗員さんも、こんなに有名な山が全部見れるのは稀なんですよ!大体の旅行では、見れない山が最低でも1カ所はあって、是非次回来た時に見てくださいね!って言う感じで終わる事が多いんですよ!と案内されるくらいだったようです)

初めてのスイス、登山したい願望が高まってしまいました。

また旅行した際には、ブログでご紹介させていただきたいと思います!

その時にも、ご覧頂ければ幸いです。

お付き合い頂き、本当にありがとうございました!

<ここまでの行程> 前回までのおさらい 1日目 セントレア==<チャーター便>==バーゼル==<バス>==グリンデンワルド---宿泊 2日目 グリンデンワルド==<ヴェンゲンアルプ鉄道>==クライネシャイデック==<ユングフ     ラウ鉄道>==ユングフラウヨッホ----スフィンクス展望台等を見学    ユングフラウヨッホ==<ユングフラウ鉄道>==アイガーグレッチャー==   <ハイキング>==クライネシャイデック==<ヴェンゲンアルプ鉄道>==グリンデルワルド 3日目 グリンデルワルド==<バス、レマン湖・シヨン城車窓見学>==シャモニー=モンブラ     ン==<バス移動>==テーシュ==シャトル列車==ツェルマット 4日目 ツェルマット==<ゴルナグラード鉄道>==ゴルナグラート----展望台見学     ゴルナグラート==<ゴルナグラード鉄道>==ローテンボーデン駅==<ハイキング>     ==リュッフェルベルグ==<ゴルナグラード鉄道>==ツェルマット    ツェルマット散策---宿泊 5日目 ツェルマット==<シャトル列車>==テーシュ==<バス>==サースフェー ==<バス>==フルカ峠==<バス>==マイエンフェルト(ハイジの家・ハイジの泉) ==<バス>==テーシュ駅==<氷河特急・ランドバッサー橋など車窓見学>==サンモリッツ駅 6日目 ホテル==<バス>==ディアボレッツァ展望台(ベルニナアルプス観光)==<バス>= =ホテル==自由行動 自由行動時間 ホテル==<路線バス>==ドルフ地区----<ピッツネイル観光><ドルフ地区観光>---サンモリ ッツ湖畔散策---ホテル 7日目 サンモリッツ==<ベルニナ急行・ブルージオ橋など車窓見学>==ティラーノ== <バス>==コモ湖==ミラノ---ホテル

8日目 ホテル==<地下鉄>==ドゥオモ駅==市内観光==<地下鉄>==ホテル==<バス>==ミラノ・マルペンサ空港==<飛行機>---機内泊

9日目 夕方 セントレア着

☆ランキングに参加してます。下のボタンをクリックして応援いただけると嬉しいです☆

#スイス #自然 #イタリア